イラスト:ペン画:銀河とかたつむり

今回はのんびり進む、けど ちゃんと進んでいるかたつむりと、 母の大好きながくあじさいのイラストです。 両親と、両親が尊敬する方からいただいた、 私の「明子」という名前が、 太陽と月を表現しているような、 そんな気がして太陽系銀河を思わずにはいられないのです。 そんなんで、銀河を描くのが大好き★ 今回はかたつむりの殻に、輝く銀河を描き込んでみました。 まだ紫陽花の季節には少し早いですが、 少しでも、今大変な中にいらっしゃる皆さんが 元気を出せますように、との願いを込めて。

イラスト:藤の花:ペン画

今日のイラストは 藤の花。 皆さんは藤に思い出はありますか? 私は日本を離れていた時期が長く、 しかも南国生活がほとんどだったので 日本の藤の季節に日本にいた事があまりありません。 フランスに来て やっと本物の藤の花に出会えたので 藤の季節になると しばらく見とれてしまいます。 黒と白を残して 暖かい色で 優しい雰囲気に仕上げた作品です。

イラスト:ペン画:海の動物:くじらとえい

ペン一本で質感を出す練習。 えいとクジラ。 ゆっくりゆったり、 泳いでいる感じと 肌の感じ、 光が当たる感じを出したいです。 海の底には色をつけます。 あるお話に添って場面を想像してイラストにしています。 さて、なんでしょう? 次のページはどんな場面がイラストになるかな? また後日アップします♫ ペン画ですが、 小さい頃から紙を下描き無しで 動物の形に切ることが大好きだったのですが、 大体の形の下描きをした後 質感はペンのみでつけていくのですが その時の感覚が 下描き無しで紙を切っていたその頃の感覚を思い出します。 右手が疲れるので気をつけながら 長くペン画は続けていきたいです。

ロンドンのイラストレーターワークショップ

嵐のニースから雪のロンドンへ★ 行って来ました♪ 旦那をニースに置いて House of Illustration での1日ワークショップへ★ King’s Cross Station (ハリーポッター撮影に使われた駅) の近くにあるワークショップ会場の写真。 このワークショップでは、 出版社へのアプローチの仕方やポートフォリオ、 イラストレーターとして気をつける様々なことに、 出版社と契約が取れた時に気をつけることや 参加すべくフェアなど、 実際にイラストレーターを育てている方々やエージェントが 細かくお話をしてくれ、 朝から夕方まで、 なかなかインテンシブなワークショップでした。 インテンシブ、と感じたのはきっと、 久々の英語でのクラス、しかもイギリス英語でのクラス だったこともあったからだと思いますが。 質問も色々飛び出しました。 え、私が質問したかって? 色々出る質問と解答を理解するのに必死で、 質問を考える余裕はありませんでした。 思い出しました、アメリカに留学していた初期の頃を。。。   […]

Bologna Children’s book fair 2018 Italy/ イタリア、ボローニャ国際絵本市2018

  Here’s an article about  Bologna Children’s Book Fair 2018! 行ってきました、ボローニャ国際絵本市2018! Bologna, Italy. Seated at a table at Osteria dell’Orsa, a local restaurant, I can’t help but notice the long […]