ニース市内でのアート展示の様子

展示作品搬入を終えて帰宅しました。 図書館の中の壁3つを使い、 ファンタジー、 ハワイの植物とフラダンサー、 ペンでのイラスト などに分けて展示をさせていただきました。 作品の位置など、経験豊富な方と一緒に準備させていただいたので とても勉強になりました♪ 会場の大学の図書館はとても広く、モダンな感じです。 窓はガラス張り、 3階くらいまであるようです。 写真、素敵に撮影してくださいました♪ 一緒に壁にかけてくださった ニースフィクション のオーガナイザーの方や図書館の方がとても親切で 心地よく楽しかったです。 テーマがフィクション、ということで 以前描いたアクリルのファンタジーテーマの作品も 展示させていただきました。 帰宅してメールを開けると、 もう、随分前に展示を依頼していたお店から連絡が来ていて、 来月1ヶ月間の展示のお誘いを頂きました。 こういう時は重なるのでしょうか? まだ少し手元にある作品があるので 5月中は 同時期に2箇所での展示になりそうです。 そのお店での展示情報はまた後日ブログにさせていただきます。 フランス語での大学へのアクセス方法は こちらのサイトからご覧ください 展示会場 […]

Fancy Granny Storiesおしゃれなおばあちゃんのお話14

この日、 おばあちゃんは、ある男の子に出会いました。 ポピーちゃんをいつも、 ぷりぷり怒らせたり、 しくしく悲しませたり、 なかなか笑顔になれない男の子です。 出会ったしゅんかん、 おばあちゃんは男の子にかけよりました。 おばあちゃんには 見えていたんです。 大きく、おそろしく見せている姿の下に 小さくうずくまっている 寂しさいっぱいの男の子が。 おばあちゃんはさっそく 男の子の心の中へ。 ポピーちゃんには いろんな模様でいっぱいの、 大きなハートが見えました。 そう、おばあちゃんは心の中へ入るカギを持っているのです。 ポピーちゃん、いっしょにおいで。 かちゃかちゃ、 かちり。 ハートのドアが開きました。 おばあちゃんは、入ったドアを開けたまま 薄暗い階段を ゆっくり、ゆっくり、 下りて行きます。 淡いろうそくのような光が 空中に浮いている、 不思議な、空間です。 […]