Fancy Granny Stories おしゃれなおばあちゃんのお話16

この日のおばあちゃんとポピーちゃんは 見晴らしの良い、東の国の丘へ来ています。 遠くの山まで見渡せて カラフルなケーキがたくさん敷き詰められたような 村々でいっぱい! おばあちゃんは嬉しくなって、 近くにあった雲の上に ぴょん! と上がりました。 シャンシャン シャラシャラ おばあちゃんが踊り始めると いつの間にか おばあちゃんと一緒に 東の国の二人の妖精さんが 一緒に楽しく 楽器を奏で始めています。 楽しく歌って踊った後に、 妖精さんたちが言いました。 西の国で生まれたユニコーンは ご存知ですか? ユニコーンには頭に一本角がついていて それはそれはお菓子のようにカラフルで 綺麗なたてがみの馬なのです。 あまりに美しいので 一緒に歌って踊っていただきたいと 東の国にもお連れしたところ、 ユニコーンが袋から飛び出して どこかへ遊びに行ったまま戻らないのです。 見つけるお手伝いをしてくれませんか? […]

Fancy Granny Storiesおしゃれなおばあちゃんのお話14

この日、 おばあちゃんは、ある男の子に出会いました。 ポピーちゃんをいつも、 ぷりぷり怒らせたり、 しくしく悲しませたり、 なかなか笑顔になれない男の子です。 出会ったしゅんかん、 おばあちゃんは男の子にかけよりました。 おばあちゃんには 見えていたんです。 大きく、おそろしく見せている姿の下に 小さくうずくまっている 寂しさいっぱいの男の子が。 おばあちゃんはさっそく 男の子の心の中へ。 ポピーちゃんには いろんな模様でいっぱいの、 大きなハートが見えました。 そう、おばあちゃんは心の中へ入るカギを持っているのです。 ポピーちゃん、いっしょにおいで。 かちゃかちゃ、 かちり。 ハートのドアが開きました。 おばあちゃんは、入ったドアを開けたまま 薄暗い階段を ゆっくり、ゆっくり、 下りて行きます。 淡いろうそくのような光が 空中に浮いている、 不思議な、空間です。 […]

Fancy Granny Story おしゃれなおばあちゃんのお話11

この日のおばあちゃんはどうやらお台所でお料理中。 大きな具材で大きなサンドイッチを作っています。 いろんな野菜やチーズを挟んで 端と端に両手を当てて、 ポピーちゃんとおばあちゃんで よいしょ、よいしょ、よーーーいしょーーー! 今度はクッキー? 粉やバターと卵で作ったクッキー生地を テーブルの上で ぐーんと伸ばし いろんな形を繰り抜いています。 丸い形に ハートの形 星やはっぱに わくわくわくわく! さー、いっぱい焼きましょう! おばあちゃんがあたたかくしたオーブンで 柔らかかったクッキーの生地が どんどん、かたーくなっていきます。 するとオーブンの中から あまくて美味しそうな香りが ふわふわ漂ってきました。 するとお外に鳥さんたちが。 あらあら、うさぎさんも覗いています。 あれ!おひさまも覗いているようですよ! ほらほら、もうすぐ焼けるわよ! 甘い香りでいっぱいのお部屋で たくさんのクッキーが焼けました! すると、 ふわふわさくさくのグッキーの香りを […]

Fancy Granny Storiesおしゃれなおばあちゃんのお話10

ほんのり ぽかぽか 暖かい季節の真ん中で おしゃれなおばあちゃんはお花になった気分のようです。 小さな両手に小さな絵本。 おばあちゃんはお花の上で ふわふわ ゆったり。 静かな池の上に座っていると 何やら遠くでおばあちゃんを呼ぶ声がしてきます。 ゲロゲロ、 ケロケロ、 こっちへ来ない? おばあちゃんは ぴょん! 一緒にいたポピーちゃんとチューリップちゃんが カエルさんを見たとたん、 カエルさんがゲロゲロ、 二人はおばあちゃんの後ろで きゃーーーーー!!! おばあちゃんは 何も言わずに カエルさんににっこり。 カエルさん、何か楽しいことはあったかしら? あたし今日はこんなに小さくなって あなたに会いに来てみたよ! カエルさんも嬉しそうににっこり。 ポピーちゃんとチューリップちゃんも ほっと安心して にっこり♥ […]