独学イラスト:水彩の練習2:色を重ねて好みの色に

今回の練習は薄い色から少しずつ色を重ねて好みの色に近づけていく練習です。色々な色の重なり具合を見たかったのでイラストには船を選びました。カラフルな風船で、影もしっかり描けました♫ 全体的に薄い色を合計4層重ねました。まずは油性ペンで下描きをして 最初の一層目の色を薄く塗りました。 全体に黄色と紫をうすく混ぜた色を風船の部分の下地に塗りました。 一層目の色が完全に乾いた後風船一つ一つの色を重ねて塗りました。一つの風船の色を塗った時、光はどこから来ているか想像しながら塗るようにしました。もっと意識して塗るともう少しメリハリ付いたかな? 一つ一つの風船に気をつけながら薄い色を重ねつつ、油性ペンで重なっているところに黒い点を描きこんでいきました。上の写真の右側はペンを足した状態で、左側はペンを足していません。色と黒の線や点をお互い邪魔にならないように仕上げたいので、色の様子を見ながらペンを足しました。しっかり乾いているかを確認してペンを足さないと滲んでしまうので注意です。忍耐、忍耐(笑) 最後に、風船にもう少し立体感を付けたかったのでうっすら影を付けました。色の違う風船一つ一つの色を気持ち濃くした色を作り、同じ色の風船が乾いている状態で色を重ねました。なんとなく、ふわふわ浮いているような、そんな風に見えませんか?真ん中の女ん子にも、少し背中の方に濃い色を足しました。 今回の練習目標:水彩の透明感を残すように、薄い色を重ねて好みの色に近づけること うまくいったところ:一つ一つの風船の影の感じ。 そのために工夫した事は、影を付ける前の色と同じ色で気持ち濃く作るのですが、その濃さの程度。今回のイラストは明るい青空で昼間なので、濃くなりすぎないよう、さりげなく影ができるように色を作りました。 反省点:一層目を塗った時に大雑把に塗りすぎ、風船によっては色にムラが出て汚い感じになってしまったところ。後で濃く色を塗らない限りムラが目立つという結果に。最初から濃い色を塗ってしまうと、こうなった時の修正が効かないですね。一層目を塗る時は大胆に大きく色を付けますが、はみ出したりしないよう、細かいところは気をつけるべきでした。大雑把な私には、この点が大きな反省点になりました。 イラストについて:今回のモチーフは違う色で色の重なり方を見たかったので、たくさんの色のある風船を選びました。両側を風船いっぱいにしたのは、真ん中の女の子が風船大好きな子供時代を通り、子供から大人への道を進んでいくような、そんなイメージを表現したかったためなのですが、いろんな解釈ができそうなイラストかな? 次の課題: 今回は基本の色の重ね方練習のため、風船という丸い枠を作ってそこに色を重ねましたが、次回は枠のない場所で色を重ねる練習にしようと思います。 今日も読んでくださりありがとうございました♫独学でも水彩で綺麗に描けるようになりたい、オープンなアドバイスやご意見大歓迎です、なんとなく使っている水彩をこうしてブログに書きながら、改めて、少しでも上手になれるよう、学んでいかれたら嬉しいです。   コメント紹介 ブログをアップしてから直接メッセージをいただいたりしてご意見やアドバイスをいただきました♫ せっかくなので、ここで紹介させていただきます★ コメント1:風船の薄さやキュッキュッ感が出た! コメント2:遠近感もあれば可愛いかなぁ〜 本当にありがとうございます!キュッキュッ感!本当だ!出てますね!薄さも出てる!遠近感について、同感です★こうした方が良かな、あれ、ちょっと変だねー、などなど、いろんなコメント大歓迎です★ コメント3:影があると、立体感が生まれますね〜 私もそう感じました!立体感はうまれますよね♫ コメント4:一層目の色に紫と黄色の組み合わせとは、発想なかったので驚きでしたー! 本当は単色の方が良いのかもしれないです!下地にはイエローオーカーが一般的のようです。白は強すぎるので、全体にまず薄いイエローオーカーを塗るのが良いみたいですねー。なるほどー。 コメント5:一層目の色の後、2層目に入った状態の風船の方がふわふわしていて好みです。 ありがとうございます!そうか、立体感が出てしまうとふわふわ感は弱まるかもしれないですね!目からウロコ!です!風船の場合は色を強くしすぎない方がふわふわ感は出るのかもしれない!  

ニースで展示のお知らせ

4月の時点で6月に予定されていたニース大学校内での展示がキャンセルになりましたが 最近オンラインで開催されることになりました★ 11−20作品が Nice Fictions で展示されます♫ 日程は2020年6月5,6,7。 昨年も参加させていただいた地元では結構大きなイベントです。 今年予定していたアンティーブでのイベント参加のお誘いや いくつかお仕事も 昨年のこのイベントでいただきました。 校内違う展示会場で作品を展示させていただいたり、 フランスの子供達にワークショップをしたり、 新しい経験をさせていただいたイベントでした。 1年経っていないのに、 すごく前のような感覚。。。! 近くなったら、 また、展示が始まり次第 再度ブログでお知らせします★ 最近のイラストを中心に展示する予定ですので ぜひご覧ください。 イラストについてのお問い合わせは こちらのリンク のメールアドレスからお願いします。

ペン画イラスト:アンデルセン童話:人魚姫:人魚姫と王子

アンデルセン童話「人魚姫」のお話に沿って イラストを描いています♫ 今日は3ページ目! 嵐で沈んでいく船から王子を助け出す人魚姫。 私、この場面には人魚姫の愛が溢れているなぁ、と 改めてオリジナルのお話を読んで感じました。 人魚姫にとっても王子を助けるのはなかなか危険を伴ったのですが 人魚姫はその危険に気づかず、 必死で王子様を生かそうと 長い時間王子様を支え続けるんです♥ 基本はペン画に色を付けているので ペンの部分を残しながら色を付けて雰囲気を作っています。 暗い夜、 冷たい水と水しぶき。 身体が冷えそうな空気の中で 王子様を守ろうとする人魚姫の愛が なんだかあたたかく感じられます。 そんな事を思いながら 描きました。

ペン画イラスト:人魚姫ページ2

(ページ2) あるお話に沿って練習している線画、 2ページ目を終えました。 (ページ1) 1ページ目のブログはこちら♫ 1ページ目では生き物の質感がなかなか難しかったのですが、 2ページ目は見たこともない竜宮城を形にしていく過程や 浮遊感と細かい影や、やはり質感を出すのに苦労しました。 自分のイメージに頼って描くので 1ページ目より難しかったけれど楽しかったです♫ さて、3ページ目に入っています。 これまた見たことのない情景なので 苦戦していますが、 また後日ブログにします。 さて、3ページ目には何が描かれるでしょう? 固い線でのイラストなのに柔らかそう、や ぬめぬめしてそう、などの質感を表現できて お話の雰囲気を表現できるイラストを描けるようになるのが目標です。 いつもありがとうございます! 皆さんが今日も強い免疫力で ウイルスに負けず元気に過ごせますように★ 2018年から続いている他のたくさんのイラストは インスタグラム からご覧いただけます♫

イラスト:ペン画:海の動物:くじらとえい

ペン一本で質感を出す練習。 えいとクジラ。 ゆっくりゆったり、 泳いでいる感じと 肌の感じ、 光が当たる感じを出したいです。 海の底には色をつけます。 あるお話に添って場面を想像してイラストにしています。 さて、なんでしょう? 次のページはどんな場面がイラストになるかな? また後日アップします♫ ペン画ですが、 小さい頃から紙を下描き無しで 動物の形に切ることが大好きだったのですが、 大体の形の下描きをした後 質感はペンのみでつけていくのですが その時の感覚が 下描き無しで紙を切っていたその頃の感覚を思い出します。 右手が疲れるので気をつけながら 長くペン画は続けていきたいです。

ペン画:桜吹雪

時差のため、ニースの朝、日本の夜、 志村けんさんの訃報を見て ショックを受けました。 昨日描いた桜のイラスト、 昔習っていたピアノの先生の家の前に建っていた 志村けんさんのご自宅が この色のイメージだったことを覚えています。 明るいピンク色に、 ピアノを習いに行く度に 元気をもらっていた事を覚えています。 ちょうどその、 8歳くらいの頃 クラスメイト達に 「乞食の家」 と呼ばれていた、雨漏りするお化け屋敷のような 古い家に住んでいたたのですが、 小さなテレビで流れる 志村けんさんと加藤茶さんの番組が 空気を明るくさせてくれていました。 新型コロナウィルス。。 フランスでロックダウンが始まって2週間弱。 こちらの様子がとても深刻になっている状態の中、 フランスに住む日本人の立場として、 日本の方々の行動に正直不安を感じています。 志村けんさんが亡くなられた事が 悲しみだけで終わらず、 今日本の皆さんの 身をお互いに守るための行動への意識の高まりにつながるよう、 心から祈っています。 世界中の今の状況の中、 […]

絵葉書とブックマーク:Post cards and Bookmarks

BDFUGUE CAFE 31 Rue d’Angleterre 06 000 Nice, France にて、オリジナルイラストの絵葉書やオリジナルブックマークを販売しています。 最近はこんな感じの白黒のオリジナルキャラクター BD Fugue Cafeで販売中の白黒「おしゃれなおばあちゃん」 Sale : White and Black “Fancy Granny” at BD Fugue Cafe その他毎日描いている「おしゃれなおばあちゃん」 Other Illustration of ” Fancy Granny” Everyday […]

ニースでアート生活:今年最初の展示イベント:日本

昨年参加した展示に来てくださった方が 地中海に面した大好きな街、アンティーブでの イベントにお誘いくださり、 忘れていたのですが、 改めてお誘いをいただいたので 参加させていただくことにしました。 お誘いくださった理由は テーマが 日本 だから。 ということですが、 イベント自体はゲームが中心のようです。 イベント詳細(日本語) 昨年展示を見てくださった方は私の作品をチェックしてくださった上で お誘いくださったので、 自分らしい作品を用意して参加したいな、と 考えています。 このイベントでは いまのところ、 こういうペンと水彩を使ったイラストを用意する予定です。 小さいサイズの作品と、 大きめの作品を数枚用意します。 もちろん、「おしゃれなおばあちゃん」も オリジナルや絵葉書を販売させていただきます。 アンティーブはおしゃれな南仏の街の一つ。 日本をテーマに、 どんな作品を用意できるか、 自分でも楽しみです♫ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ ニースに住みながらイラスト、挿絵のお仕事をしています。 […]

ペン画:フラダンサー:ハクレイ

お仕事を終えて迎えたお正月に仕上げた 「Inner Galaxy」シリーズ フラダンサー:ハクレイ 完成バージョンについてブログをアップしていなかった事に気が付きました。 途中までのブログは フラダンサー:ハクレイ:展示会場での様子 フラダンサー:ハクレイ:プロセス1 フラダンサー:ハクレイ:プロセス2 「Inner Galaxy」シリーズの最初の一枚をアップしたブログ フラダンサー:プルメリア:完成 背景は水彩絵の具を使っています。 作品に描いたハクレイはハワイ島キラウエア火山などに咲く オヒアレフア 自分の後ろを守ると言われるフラダンサーの長い髪の毛も 一本一本、まっすぐに描くよう試みました。 完成♫ このシリーズ、続きます。 3枚目は下描きがスタート。 また経過アップします。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ ニースに住みながらイラスト、挿絵のお仕事をしています。 展示情報 7月31日までハワイの植物やフラダンサーをモチーフにした 作品が展示、販売させていただきました Cafe BADABOOM にて販売させていただいていた作品一覧は こちら […]

水彩練習:絵の具の三原色

今日の練習は、 絵の具の色の三原色 空色、紫、黄色 のうち、一つの色を基本として選び、 他二つのうち一つの色を少しずつ混ぜながら 二色のみで 光と影、 遠近 などを描く練習でした。 あれ、色の三原色って、 青、赤、黄色、 じゃなかった? と思った方、 分かります! 実は、 青、赤、黄色は 光の三原色。 絵の具の色とは、光の三原色の青、赤、黄色から、 白色光が当たって一部吸収された後 透過されて残った光の色 なんですね。 (今日使ったフランス語での光の三原色チャート) (イメージをお借りしたサイト♫) この中央にあるシアン(空色)、マゼンタ(紫)、黄色が絵の具の三原色です。 写真の水彩の作品(途中)は、 マゼンタ(紫)を基本に選び、黄色を加えながら オレンジ色のグラデーションを作り、 その色だけで描いたものです。 使った画材は水彩なので、 水の多さでも色をコントロールすることができ、 […]