Tag: ファンタジー

ニース市内でのアート展示の様子

展示作品搬入を終えて帰宅しました。

図書館の中の壁3つを使い、

ファンタジー、

ハワイの植物とフラダンサー、

ペンでのイラスト

などに分けて展示をさせていただきました。

作品の位置など、経験豊富な方と一緒に準備させていただいたので

とても勉強になりました♪

会場の大学の図書館はとても広く、モダンな感じです。

窓はガラス張り、

3階くらいまであるようです。

写真、素敵に撮影してくださいました♪

一緒に壁にかけてくださった

ニースフィクション

のオーガナイザーの方や図書館の方がとても親切で

心地よく楽しかったです。

テーマがフィクション、ということで

以前描いたアクリルのファンタジーテーマの作品も

展示させていただきました。

帰宅してメールを開けると、

もう、随分前に展示を依頼していたお店から連絡が来ていて、

来月1ヶ月間の展示のお誘いを頂きました。

こういう時は重なるのでしょうか?

まだ少し手元にある作品があるので

5月中は

同時期に2箇所での展示になりそうです。

そのお店での展示情報はまた後日ブログにさせていただきます。

フランス語での大学へのアクセス方法は

こちらのサイトからご覧ください

展示会場

Campus universitaire de Saint-Jean-d’Angély

図書館
24, avenue des diables bleus
06357 Nice
 

Fancy Granny Stories おしゃれなおばあちゃんのお話16

この日のおばあちゃんとポピーちゃんは

見晴らしの良い、東の国の丘へ来ています。

遠くの山まで見渡せて

カラフルなケーキがたくさん敷き詰められたような

村々でいっぱい!

おばあちゃんは嬉しくなって、

近くにあった雲の上に

ぴょん!

と上がりました。

シャンシャン

シャラシャラ

おばあちゃんが踊り始めると

いつの間にか

おばあちゃんと一緒に

東の国の二人の妖精さんが

一緒に楽しく

楽器を奏で始めています。

楽しく歌って踊った後に、

妖精さんたちが言いました。

西の国で生まれたユニコーンは

ご存知ですか?

ユニコーンには頭に一本角がついていて

それはそれはお菓子のようにカラフルで

綺麗なたてがみの馬なのです。

あまりに美しいので

一緒に歌って踊っていただきたいと

東の国にもお連れしたところ、

ユニコーンが袋から飛び出して

どこかへ遊びに行ったまま戻らないのです。

見つけるお手伝いをしてくれませんか?

そして、妖精さんが大きな袋を出しました。

空を飛ぶのに必要なお友達を紹介します。

と言いながら

袋を開けると、

びっくり仰天!

東の国の大きな龍が飛び出しました。

龍はおばあちゃんにゆっくり挨拶をして、

おばあちゃんを首の上に乗せました。

一緒にいたポピーちゃんには

妖精さんが、ユニコーンに渡して欲しい羽を手渡し、

この羽を上下に動かすと

空を飛べますよ。

ポピーちゃんは思いっきり上下に動かしてみました。

すると一瞬で高い、高い、

空の上へ!

おばあちゃんの乗る龍も

高い山々の間を

上がったり下がったりしながら

飛んでいます。

高く、高く

楽しく思いっきり飛んでいると

おひさまが

にっこり。

おばあちゃんとポピーちゃんは

大きく手をふっておひさまに挨拶をすると

おひさまはさらにぽかぽか

明るく照らしてくれました。

ふ、と気がつくと、

素敵で可愛らしいユニコーンが

ぽかぽか、

きらきらした

おひさまの光に誘われて

踊りながら現れました。

普段はなかなか人に近づかない

ユニコーンですが、

おばあちゃんたちの楽しそうに空を飛んでいる姿に

惹き寄せられて

安心して近づいてきました。

そして一緒に、

すやすやすやすや。。。

おひるねの時間。

すると、

お花畑で眠っているおばあちゃんとユニコーンが

可愛い楽しいお菓子の夢を見始めました。

まだまだ遊びたくて仕方のない

いたずら好きのポピーちゃんが

夢を食べるバク君と一緒に

ぱくぱくぱくぱく。。。

美味しいお菓子を食べ始めました。

美味しい夢を見て

楽しい時間をいっぱい過ごした

おばあちゃんたちは

そろそろ帰る時間になりました。

ユニコーンも心地よく疲れ、

妖精さんの待つ東の国へ

一休みしに行くことにしました。

ユニコーンは自分から

ぴょーーーーーん!!!

と東の国の入り口の袋へ

飛び込んでいきました。

ポピーちゃんはユニコーンにあげる羽を

渡し忘れていたことに気づき、

急いで袋へ羽を放り込みました。

おばあちゃんとポピーちゃんは

楽しい時間を過ごしながら、

東の国の妖精さんの

お役にも立てたようですよ。

ほらほら、おばあちゃんの声が聞こえてきます。

明日はどんなところで、

どなたに出会えるのかしらね?

 

Fancy Granny Other episodes 他のお話とイラスト

Fancy Granny Storiesおしゃれなおばあちゃんのお話12

この日は夜中にふと目が覚めたおばあちゃん。

気づくとお部屋のドアが開いていて

ほんのりだいだい色の明かりが入ってきています。

ぐっすり眠っていたはずのポピーちゃんも起きてきて

二人でしょぼしょぼお外を覗いてみますが

そこには、なんと。。。

じかんと空間をこえた

ふしぎな道が見えています。

そして

気づくと

お部屋に消したはずのろうそく

ゆらゆらゆれていろんな影の形を作りだしているのです。

お部屋の影は

だんだんと

なにやらたくさんの景色に変わっていき、

おばあちゃんとポピーちゃんは目を見はりました。

大きなお魚や大きな恐竜、

そして二本足で歩くサルに

大きな鳥。

遠くにロケットも飛んでいます。

おばあちゃんとポピーちゃんは

この夜、じかんと空間を飛びこえました。

大きなきょうりゅうが遊ぶばしょでは

きょうりゅうの首をすべりおりて遊んでいます。

大きなサルの娘さんとも

かけっこをして、

一番キラキラしたおほしさまを探しています。

あ、

おばあちゃん、

おほしさまを見つけたようです。

おばあちゃんはキラキラしたおほしさまをめざして、

気がついたら

高い、高い

ひまわりのてっぺんにまでのぼっています。

ポピーちゃんは、

おつき様にむすんだ

ブランコで

お花さんとお話しながら

ぷーらぷら。

そうこうしていると、

こんどは

大きなお魚と一緒に

もちろん海の中にもとびこんでいます。

ざぶーーーーーーーーーーーーん!

おおきな音を立てて飛び込んだら

おおきなあわがおふとんみたいに

ふわふわ

しゃわしゃわ

みんなのまわりをかこんでいます。

ふわふわでとっても気持ちが良くて

気がついたら泡に乗って

ぷわぷわ

ふわふわ

じかんをこえて

こんどは大きな街へやってきました。

あ、おばあちゃんの声が聞こえてきます。

みんないろんなものを作ってきたね。

ほらほら、あんなに大きなたてものや

色とりどりのじどうしゃと。

これからはどんなものを作るんだろう?

はて、みんなの心の中にも

たくさんの世界が広がっていることを

知っているのかしら?

みんな

今夜どんな世界をのぞき見て

明日はどんなものを作るのかしら?

あたしは明日、

どんな明日を作ろうかしら?

じかんはどんどん流れていくね。

他のおしゃれなおばあちゃんのお話とイラスト