水彩独学:サメの色付け

今回はサメ! サメの目をがんばって優しく描くようにしたのですが。。。 怖いかな? このサメも、まずは油性ペンで下描きをしてから色を重ねていきました。 下描きの状態はこちら。 ペン画基本なので、影の部分に予め油性ペンで濃淡を付けておきます。 下描きが終わった時点で、イラスト全体に、まず薄く黄色を塗っておきました。 こうすることで、後でペンの黒さを活かすために白く残したい時に そのままでも白過ぎなくてすみます。 全体にうっすら黄色く塗った後、 このサメと亀の部分(前回のブログはこちら)には 紙が乾いてしまう前にうっすらと全体の色を塗り重ねました。 (この作業、結構スピード勝負です) この時、 サメの後ろにある電気の明るさと 身体の丸みを意識しながら 明るい部分から暗い部分に丸みがしっかり出るように色を重ねます。 最初の色付け、結構後に響くので、 しっかり集中して塗りました。 一番暗い部分はおそらくフィンの部分としっぽ、 身体の真ん中辺り かな、と想定して まず身体の真ん中辺りから クリムゾン(赤)、ウルトラマリン(青)、黄色 で作った紫がかった灰色を薄く塗り重ねます。 この時に気をつけたのは、 明るい頭の辺りの部分と暗い身体の部分の境目。 なるべくスムーズに、でもしっかりサメのざらざらした肌の質感を出したかったので 二本の筆を使って 色のついた筆で色を塗ったらすぐに別の色の付いていない湿った筆で […]

水彩練習:絵の具の三原色

今日の練習は、 絵の具の色の三原色 空色、紫、黄色 のうち、一つの色を基本として選び、 他二つのうち一つの色を少しずつ混ぜながら 二色のみで 光と影、 遠近 などを描く練習でした。 あれ、色の三原色って、 青、赤、黄色、 じゃなかった? と思った方、 分かります! 実は、 青、赤、黄色は 光の三原色。 絵の具の色とは、光の三原色の青、赤、黄色から、 白色光が当たって一部吸収された後 透過されて残った光の色 なんですね。 (今日使ったフランス語での光の三原色チャート) (イメージをお借りしたサイト♫) この中央にあるシアン(空色)、マゼンタ(紫)、黄色が絵の具の三原色です。 写真の水彩の作品(途中)は、 マゼンタ(紫)を基本に選び、黄色を加えながら オレンジ色のグラデーションを作り、 その色だけで描いたものです。 使った画材は水彩なので、 水の多さでも色をコントロールすることができ、 […]

ニースで展示:強い想いは奇跡を作る?

すっかり忘れた頃に連絡をくれた 明日から展示、販売させてくれるBadaboom Cafe♪ 今続行中のニース大学での展示の搬入の日に 連絡があり 嬉しいびっくり♪ 実は大学で作品を飾る際、 壁に掛けられなかった作品が4枚 あったのですが、 ちょうどその作品をお店に展示できることになるという 奇跡的な流れ(笑)に。。。! それから私の前に展示されていたアーティストの都合で 予定が二転三転。。。 2週間延期になりました。   予定変更が重なった事、 ここでお詫び申し上げます。。。!   迷惑をかけてしまったから、と カフェ側の配慮で 普段6週間のところ 丸々2ヶ月展示販売させてくださることになりました。 その真心がありがたい。。。♪   実は母と母の親友が 来月ニースに来るので、 密かに その頃まで展示しているといいけど (当初の予定だと)来る前に終わっちゃうなぁ、、、 と思っていたところ、 […]

イラストの仕事:新婚さんからの依頼

今回依頼をいただいたイラスト作品。 昨年、若々しい新婚のご夫婦に依頼されて描かせていただいたものです。 ハワイが好きな奥様と、どんな時も奥様を守り支える旦那様。 お二人からはきらきらの未来と今、 そして、これから未来への希望が溢れていて たくさんの色のイメージが湧きました。 二人で上を向き、 周りの人達を幸せの流れに巻き込みながら これからもっともっと、幸せになっていく。 そんなイメージで描かせていただきました。 サイズは30cmx40cmの水彩です。   依頼をくださる方のイメージ、色合いや大きさなど 相談させていただきながら描かせていただいています。   ただただ大好きな水彩やアクリル絵の具でのイラスト、 オリジナルなイラストに興味ある方は是非 こちらのメールアドレスからご連絡ください★ 南仏のラベンダーの香りと共に郵送させていただきます。