パリ観光:パリ近郊の村で見つけた変わった本屋

今回はちょっと楽しい本屋さんについて♫ 先日ブログに書いた ゴッホが最後に過ごしたオーベルジュ=シュール=オワーズ には、 なんともユニークな 本屋さんがあります。 パリ旅行で一日観光が可能な村がいくつかありますが、 ここも パリから一日で行って帰って来られるパリ近郊の村。 一見 壊れた電車か倉庫。。。 ちょっと廃れた感じが懐かしささえ感じさせてくれる外観。 一度は郵便局として使われていたのか 黄色い車体(?)には La poste (郵便局)…? のようだけれど、 つづりは La POSE… なぜ。。。? La POSE=ポーズを取る? もしくは La PAUSE (La Poseと同じ音)=一休み? それとも、 単にスペルミス? 閉まっていると ただの倉庫のように見えます。 […]

ゴッホが最後に過ごした村:パリ近郊:オベール=シュル=オワーズ

Auvers sur Oise (オーヴェール シュール オワーズ) パリから北に30kmの所にある村。 ここは 画家ゴッホが1890年7月29日、37歳で亡くなるまでの 70日間を過ごした村です。 まだ観光客が少ないパリの冬のAuvers sur Oise駅は まだしっとりと静けさが残っていましたが、 肌寒い空気の中にご夫婦やカップルなど、 ゴッホに会いに来ている観光客が、すでに少しいらっしゃいました。 パリのざわざわした埃っぽい空気と違い、 緑の香りと民家の落ち着いた感じが とても印象的でした。 村に着くと、 ゴッホを知って訪れたためか、 それとも、この日が強風だったためか、 場所の空気が ゴッホの絵の中に 感じるような、 少し重々しい空気。 亡くなった方の存在感が 村全体に残っているような、 そんな印象を受けました。 木々がまるでゴッホの作品の中の木々のように見えませんか? この村で、70日間にゴッホは78点もの作品を描いたそうです。 一日1枚以上の作品! […]

パリのノートルダム

歴史的建造物がーーー!! 燃えた塔が折れてかなりのダメージを受けてしまいました。 悲しいーー!! 外観だけは見たことあるのですが、 内装は見たことがありませんでした。 建設は死闘、 破壊は一瞬、 だれかの言葉を思い出しました。   大好きなユゴーのお話が頭をかけめぐるー! 朝から 「おしゃれなおばあちゃん」 はパリで 「ノートルダムの鐘」のキャラクター、 カジモド と一緒に 再建を願っているようです。   今日のタイトル Rising from one’s ashes 不死鳥は灰の中から蘇りますね★ 本当に価値あるものは 滅びない♪ そう思うことにします♪ お知らせ♪ ニース大学、Universite St-Jean […]