Fancy Grannyおしゃれなおばあちゃん

Follow Fancy Granny’s adventures on Instagram: updated daily! インスタグラムに毎日アップしています Stories of Fancy Granny おしゃれなおばあちゃんのお話18 (Only in Japanese) Stories of Fancy Granny おしゃれなおばあちゃんのお話17(Only in Japanese) Stories of Fancy Granny おしゃれなおばあちゃんのお話16 (Only […]

Fancy Granny Stories おしゃれなおばあちゃんのお話18

星の村の小人さんと 流れ星を眺めるおばあちゃんとポピーちゃん。 すると2つの綺麗な玉が ふわふわ空へ上がっていくのが見えました。 不思議に思ったポピーちゃんが あれはなあに? おばあちゃんは何も言わずに 静かに立ち上がり、 小人さんにお願いして 星でいっぱいに飾った笹の木を 一本いただきました。 小人さんは不思議そうに訪ねました。 どこに持って行くんだい? おばあちゃんはにこにこしながら この木はありがとうと希望がいっぱいくっついた 木だからね♪ 見ていてごらん、 持って歩くと いろんなことが見えてくるのよ♪ どれだけたくさん歩いたでしょう? 大きな川を渡れずに困っている人達がいました。 おばあちゃんは、 息をする間もなく どーーーーーーん!!! と、星の付いた笹の木を橋にして みんなを向こう岸に渡してあげました。 笹の木を置いて、 星だけを持ち、 さらにさらに 歩いていくと、 […]

Fancy Granny Storiesおしゃれなおばあちゃんのお話17

どんでんがらがら。 夏のお祭り わーいわい。 いたずら好きなおばあちゃん、 大きなちょうちんにちょこっと隠れて みんなをびっくりさせています。 楽しい楽しい音の中、 いつのまにか 日が暮れて街はすっかり暗くなりました。 そしてみんなでろうそくを灯したランタンを ありがとうの気持ちをたくさん込めて みんなで空へ飛ばし始めています。 ご先祖様へ、 ありがとう! いつも見守ってくれてありがとう! みんなで一緒に空へランタンを飛ばしていると、 冒険好きなおばあちゃんとポピーちゃんが ランタンにぴょーん! おもいっきり飛び乗りました。 近くにいたきつねさんも一緒になって ぴょーん! ほんのり明かりの灯ったランタンは ふわふわふわふわ ゆっくりお空へ上がっていきます。 気がついたら おばけの森の上を ふわふわふわふわ。 森の中から首のながーーーーーい、 ろくろっくびのお姉さんが こんばんは〜。。。 […]

Fancy Granny Stories おしゃれなおばあちゃんのお話16

この日のおばあちゃんとポピーちゃんは 見晴らしの良い、東の国の丘へ来ています。 遠くの山まで見渡せて カラフルなケーキがたくさん敷き詰められたような 村々でいっぱい! おばあちゃんは嬉しくなって、 近くにあった雲の上に ぴょん! と上がりました。 シャンシャン シャラシャラ おばあちゃんが踊り始めると いつの間にか おばあちゃんと一緒に 東の国の二人の妖精さんが 一緒に楽しく 楽器を奏で始めています。 楽しく歌って踊った後に、 妖精さんたちが言いました。 西の国で生まれたユニコーンは ご存知ですか? ユニコーンには頭に一本角がついていて それはそれはお菓子のようにカラフルで 綺麗なたてがみの馬なのです。 あまりに美しいので 一緒に歌って踊っていただきたいと 東の国にもお連れしたところ、 ユニコーンが袋から飛び出して どこかへ遊びに行ったまま戻らないのです。 見つけるお手伝いをしてくれませんか? […]

Fancy Granny Stories おしゃれなおばあちゃんのお話15

ほんのり月明かりが照らす都会のひととき。 どこからともなく、 ひゅーーーーーーーーーーーーーーん。。。 今夜も自由自在に飛び回るおばあちゃん。 ピンクのリボンで結んだロープで 高いビルの間を ひゅん、ひゅん、ひゅん、ひゅん。 うっすら汗をかきながら 大急ぎでどこかへ向かっているようです。 あ、 昼間のかけっこで一位になれなかった 大好きなポピーちゃんのところに来たようですよ。 ぷりぷり しくしく しているポピーちゃんに おばあちゃんがゆっくり話しかけます。 あらあら 可愛いお顔が涙いっぱいでまっかっか! ポピーちゃん、 いっしょうけんめい だれのために、 走ったの? そういって、おばあちゃんは ポピーちゃんの手を取りました。 その瞬間、 ふわっと身体が浮いて 気がつくと高い木の上にいます。 ピー、ピー、ピー! 賑やかな鳥の声がします。 一羽の小さな鳥が、 […]

Fancy Granny Storiesおしゃれなおばあちゃんのお話14

この日、 おばあちゃんは、ある男の子に出会いました。 ポピーちゃんをいつも、 ぷりぷり怒らせたり、 しくしく悲しませたり、 なかなか笑顔になれない男の子です。 出会ったしゅんかん、 おばあちゃんは男の子にかけよりました。 おばあちゃんには 見えていたんです。 大きく、おそろしく見せている姿の下に 小さくうずくまっている 寂しさいっぱいの男の子が。 おばあちゃんはさっそく 男の子の心の中へ。 ポピーちゃんには いろんな模様でいっぱいの、 大きなハートが見えました。 そう、おばあちゃんは心の中へ入るカギを持っているのです。 ポピーちゃん、いっしょにおいで。 かちゃかちゃ、 かちり。 ハートのドアが開きました。 おばあちゃんは、入ったドアを開けたまま 薄暗い階段を ゆっくり、ゆっくり、 下りて行きます。 淡いろうそくのような光が 空中に浮いている、 不思議な、空間です。 […]