Tag: #水彩画 #線路 #アート #霧 #絵画

水彩練習:絵の具の三原色

今日の練習は、

絵の具の色の三原色

空色、紫、黄色

のうち、一つの色を基本として選び、

他二つのうち一つの色を少しずつ混ぜながら

二色のみで

光と影、

遠近

などを描く練習でした。

あれ、色の三原色って、

青、赤、黄色、

じゃなかった?

と思った方、

分かります!

実は、

青、赤、黄色は

光の三原色。

絵の具の色とは、光の三原色の青、赤、黄色から、

白色光が当たって一部吸収された後

透過されて残った光の色

なんですね。

(今日使ったフランス語での光の三原色チャート)

イメージをお借りしたサイト♫

この中央にあるシアン(空色)、マゼンタ(紫)、黄色が絵の具の三原色です。

写真の水彩の作品(途中)は、

マゼンタ(紫)を基本に選び、黄色を加えながら

オレンジ色のグラデーションを作り、

その色だけで描いたものです。

使った画材は水彩なので、

水の多さでも色をコントロールすることができ、

光や雨、水などを描きたい部分には水を多く混ぜ、

なるべく薄い黄色を作りました。

水で濡れた道路には、マゼンタ(紫)と水を少し多めに使い、

空中の光と雨の感じとの違いを表現しようとしました。

人物には、水は少なくし、光の当たっている部分や

雨の当たっている部分を考えながら黄色を少し加えて

濃く描きました。

遠くの人物を少し薄く、手前の人物を濃い目に

描く事で、遠近感が出た感じです。

また完成したらアップします。

アクリル絵の具での作品が

いまのところ一番多いのですが、

日本で作品を見てくれた友人や

絵のクラスの先生方に

水彩に力を入れる事を勧められているので、

今どうも水彩の練習をする機会を無意識的に

増やしている感覚があります。

描く時になるべく動きを感じられるよう意識して

描いています。

描かれる人物が

どんな気持ちでそこにいるか

もイメージしながら、

ただの人物や

物体にならないよう

描くのが好き♫

多分、

描きながら、

頭の中で背景を想像するのが

好きなのですね♫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ニースに住みながらイラスト、挿絵のお仕事をしています。

展示情報

7月31日までハワイの植物やフラダンサーをモチーフにした

作品が展示、販売させていただきました

Cafe BADABOOM

にて販売させていただいていた作品一覧は

こちら

からご覧いただけます。

作品へのお問い合わせは

コメントか

こちらにあるメールアドレスからお気軽にご連絡ください。

ニース駅近くの本屋さんで

絵葉書やオリジナルブックマークも販売しています。

31 Rue d’Angleterre
06 000 Nice, France

サイト : Their webpage …> こちら♪

水彩画:霧の中の懐かしい線路

ニースの地元のアクティビティ、

アニマニース(フランス語)

の上級者用マルチテクニックのクラス3周目♫

水彩での線路♫

ぼやっとした霧の雰囲気を出すのと

手前のまっすぐな線路のコントラストを

はっきり出す事が

なかなか難しかったです。

個人的には選んだ色が気に入っています。

コバルトブルー、茶色、黒

で、手前の濃い線路の影を塗り、

遠くに行くに連れて薄く、水をとティッシュを使って

霧がかかる様子を表現しようとしました。

背景の霧の部分で気をつけた事は、

遠くに見える木々を薄く描いた後

完全に乾くのを待った事

と、

手前の濃い木を描く時に霧に消える部分を

意識して、

水の量を調整しながら

ぼやけた感じを出しました。

全体にうっすら上の色を全部合わせた紺色に

水を多く使って薄くし、

全体に太めの刷毛で塗り、

そこに素早く霧にかかるぼやけた部分の木を

描きました。

遠くから見ると、

手前の色の濃さと遠くの薄さ、

手前の線と遠くのゆるい感じの線

が、

コントラストで良い感じに仕上がりました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ニースに住みながらイラスト、挿絵のお仕事をしています。

展示情報

7月31日までハワイの植物やフラダンサーをモチーフにした

作品が展示、販売させていただきました

Cafe BADABOOM

にて販売させていただいていた作品一覧は

こちら

からご覧いただけます。

作品へのお問い合わせは

コメントか

こちらにあるメールアドレスからお気軽にご連絡ください。

ニース駅近くの本屋さんで

絵葉書やオリジナルブックマークも販売しています。

31 Rue d’Angleterre
06 000 Nice, France

サイト : Their webpage …> こちら♪