水彩独学:サメの色付け

今回はサメ! サメの目をがんばって優しく描くようにしたのですが。。。 怖いかな? このサメも、まずは油性ペンで下描きをしてから色を重ねていきました。 下描きの状態はこちら。 ペン画基本なので、影の部分に予め油性ペンで濃淡を付けておきます。 下描きが終わった時点で、イラスト全体に、まず薄く黄色を塗っておきました。 こうすることで、後でペンの黒さを活かすために白く残したい時に そのままでも白過ぎなくてすみます。 全体にうっすら黄色く塗った後、 このサメと亀の部分(前回のブログはこちら)には 紙が乾いてしまう前にうっすらと全体の色を塗り重ねました。 (この作業、結構スピード勝負です) この時、 サメの後ろにある電気の明るさと 身体の丸みを意識しながら 明るい部分から暗い部分に丸みがしっかり出るように色を重ねます。 最初の色付け、結構後に響くので、 しっかり集中して塗りました。 一番暗い部分はおそらくフィンの部分としっぽ、 身体の真ん中辺り かな、と想定して まず身体の真ん中辺りから クリムゾン(赤)、ウルトラマリン(青)、黄色 で作った紫がかった灰色を薄く塗り重ねます。 この時に気をつけたのは、 明るい頭の辺りの部分と暗い身体の部分の境目。 なるべくスムーズに、でもしっかりサメのざらざらした肌の質感を出したかったので 二本の筆を使って 色のついた筆で色を塗ったらすぐに別の色の付いていない湿った筆で […]