Tag: オリジナル

インスタグラムへの毎日のアップ

昨年4月から毎日続けているオリジナルキャラクターの

シンプルなイラスト

「おしゃれなおばあちゃん」

明日ロンドンで受けるワークショップの準備をしていて

いつのまにか大小様々

9冊のノートに

「おしゃれなおばあちゃん」でいっぱいになっている事に

気が付きました♪

祖母がモデルの陽気で明るい

「おしゃれなおばあちゃん」

インスタグラム

どうぞよろしくお願い致します★

 

ただただ大好きな水彩やアクリル絵の具でのイラスト、

オリジナルのイラストや挿絵に関連したお問い合わせは

こちらのメールアドレスからよろしくお願い致します。

 

Fancy Granny Stories おしゃれなおばあちゃんのお話18

星の村の小人さんと

流れ星を眺めるおばあちゃんとポピーちゃん。

すると2つの綺麗な玉が

ふわふわ空へ上がっていくのが見えました。

不思議に思ったポピーちゃんが

あれはなあに?

おばあちゃんは何も言わずに

静かに立ち上がり、

小人さんにお願いして

星でいっぱいに飾った笹の木を

一本いただきました。

小人さんは不思議そうに訪ねました。

どこに持って行くんだい?

おばあちゃんはにこにこしながら

この木はありがとうと希望がいっぱいくっついた

木だからね♪

見ていてごらん、

持って歩くと

いろんなことが見えてくるのよ♪

どれだけたくさん歩いたでしょう?

大きな川を渡れずに困っている人達がいました。

おばあちゃんは、

息をする間もなく

どーーーーーーん!!!

と、星の付いた笹の木を橋にして

みんなを向こう岸に渡してあげました。

笹の木を置いて、

星だけを持ち、

さらにさらに

歩いていくと、

今度は

空に浮かぶお城の見える丘へやってきました。

小人さんが小さな声で言いました。

希望を無くした城だ。。。

おばあちゃんが

ポピーちゃんと小人さんを見て

ウインクをひとつすると、

二人はすぐに

自分達が持っているこの星が

みんなの希望になると気が付きました。

ところが、

そこからが大変でした。

大きな森を抜け、空の城まで長く長く続く階段を

一歩、一歩、上がっていくのです。

小人さんは

ふーふー!

ポピーちゃんも

ひーひー!

言いながら一生懸命上がっていきます。

おばあちゃんも、

大きな星をしっかり運びながら

ひーひー、ふーふー!

気がつくと、様子を見ていたたくさんの小人さんたちが

おばあちゃん達を応援しています。

もう少しだ!

あと一歩!

あと一歩!

階段を上がりきった3人が見たものは

たくさんの不思議な綺麗なふわふわの玉でした。

あ!!!

ポピーちゃんが叫びました。

小人さんの森の丘で見た、

ふわふわ浮いて上がっていった玉だったのです。

おばあちゃんは

にっこり笑って

命の玉はね、

自由自在に輝けるのよ。

本当に希望が欲しいのは、

ほら、見てごらん。

雲の下のたくさんの人達。

ポピーちゃんはびっくりしました。

地上はあまりにたくさんの

悲しい顔でいっぱいなのです。

ポピーちゃんは泣き出しました。

今まで知らなかったことが

悲しくて悲しくて、

いっぱい、いっぱい泣きました。

そして、

ふと、涙を止めました。

何ができるかな?

ポピーちゃんのまっすぐな目に

おばあちゃんは

にっこり笑って、

持ってきた星を

たくさん、たくさん、

降らしましょう!

たくさんの星は空いっぱいに広がって、

大空を

きらきらきらきら、

輝かせました。

ポピーちゃんの流した涙も

輝きの一部になって、

眺める人達を驚かせているようです。

小人さんとおばあちゃんは

ポピーちゃんを微笑みながら眺めていました。

家に帰ると、ポピーちゃんは

みんなの笑顔の写真を

壁にいっぱい

飾りました。

みんながもっともっと

心の底から笑顔になれますように

そう

祈りを込めて。

 

Fancy Granny other episodes 他のおしゃれなおばあちゃんのお話とイラスト

Fancy Granny Storiesおしゃれなおばあちゃんのお話17

どんでんがらがら。

夏のお祭り

わーいわい。

いたずら好きなおばあちゃん、

大きなちょうちんにちょこっと隠れて

みんなをびっくりさせています。

楽しい楽しい音の中、

いつのまにか

日が暮れて街はすっかり暗くなりました。

そしてみんなでろうそくを灯したランタンを

ありがとうの気持ちをたくさん込めて

みんなで空へ飛ばし始めています。

ご先祖様へ、

ありがとう!

いつも見守ってくれてありがとう!

みんなで一緒に空へランタンを飛ばしていると、

冒険好きなおばあちゃんとポピーちゃんが

ランタンにぴょーん!

おもいっきり飛び乗りました。

近くにいたきつねさんも一緒になって

ぴょーん!

ほんのり明かりの灯ったランタンは

ふわふわふわふわ

ゆっくりお空へ上がっていきます。

気がついたら

おばけの森の上を

ふわふわふわふわ。

森の中から首のながーーーーーい、

ろくろっくびのお姉さんが

こんばんは〜。。。

きゃーーーーーーー!!!

とポピーちゃんが驚いていると

おばあちゃんは大喜び!

あれあれ、きつねさんも大満足で森に帰って行くようです。

あれあれ、そうか、

あのろくろっくびは

きつねさんの魔法だったんだ!

さらにさらに、

ふわふわふわふわ

風に乗って浮いていると

小さな星を

ぽつん

と掲げた可愛い村へやってきました。

そこで出会ったのは

森の小さな小人さん。

遠くの村へやってきたのに、

小人さんも同じように

ご先祖さまにありがとうを伝えようとしています。

小人さんの伝え方は

森の木々にたくさんの星を

飾って

暗い森を明るくきらきらさせるようです。

早速おばあちゃんとポピーちゃんは

お星さまを捕まえて

森の木々に

たくさん、たくさん、

星を飾ってお手伝い。

森がすっかり明るくなると、

小人さんが

ありがとうのメロディを

小さなラッパで奏で始めました。

楽しく素敵なメロディに

おばあちゃんも歌い始めました。

ご先祖様に

ありがとう♪

優しい気持ちを

ありがとう♪

心にいつも

愛をいっぱい

ありがとう♪

優しい気持ちでいっぱいになった

みんなの心が、

ふわふわふわふわ

心軽くなっていくようです。

そしてほら、

おばあちゃんの声が聞こえてきます。

ありがとうでいっぱいになると

明日への冒険がもっともっと、

楽しくなるね♪

 

Fancy Granny Other episodes 他のお話とイラスト

Fancy Granny Story おしゃれなおばあちゃんのお話11

この日のおばあちゃんはどうやらお台所でお料理中。

大きな具材で大きなサンドイッチを作っています。

いろんな野菜やチーズを挟んで

端と端に両手を当てて、

ポピーちゃんとおばあちゃんで

よいしょ、よいしょ、よーーーいしょーーー!

今度はクッキー?

粉やバターと卵で作ったクッキー生地を

テーブルの上で

ぐーんと伸ばし

いろんな形を繰り抜いています。

丸い形に

ハートの形

星やはっぱに

わくわくわくわく!

さー、いっぱい焼きましょう!

おばあちゃんがあたたかくしたオーブンで

柔らかかったクッキーの生地が

どんどん、かたーくなっていきます。

するとオーブンの中から

あまくて美味しそうな香りが

ふわふわ漂ってきました。

するとお外に鳥さんたちが。

あらあら、うさぎさんも覗いています。

あれ!おひさまも覗いているようですよ!

ほらほら、もうすぐ焼けるわよ!

甘い香りでいっぱいのお部屋で

たくさんのクッキーが焼けました!

すると、

ふわふわさくさくのグッキーの香りを

おひさまが大きく吸い込みました。

すると香りがおばあちゃんとポピーちゃんを窓から

空へ連れ出しました。

おやおや、まーまー!

紅茶のカップにのっかって

香りの中を

いろんな形のクッキー達と

くるくるくるくる

どんどんどんどん

上がっていきます。

ぐんぐん上がって

雲の上まで行きました。

たくさん焼いたクッキーを

ふわふわしながら

ほくほく食べると

まるでおひさまも一緒に食べているようです。

いっぱい雲の上で遊んだ後は

今度はふわふわ

大地へ降り始めました。

下に着いたおばあちゃんの周りでは

くまさんやうさぎさんたちが

降ってきた紅茶のカップにおお喜びで

くるくる遊び始めています。

するとおばあちゃん、

またまた何かを作り始めたようですよ。

トントン、カンカン

ポピーちゃんも

カンカン、トントン

出来上がったのは

クッキーのおうち!

土台から屋根まで

いろんなお菓子でいっぱいです!

おばあちゃんとポピーちゃん、

どんなもんだい!

おお喜び!

これから森のみんなをご招待して

賑やかな森のパーティになるでしょう。

あ、今日もほら、

おばあちゃんの声が聞こえてきます。

みんな、みーんな呼んじゃいましょう!

クッキーの作り方も教えましょう!

美味しい紅茶も入れましょう!

みんなの笑顔が楽しみね!

Fancy Granny Other episodes 他のお話とイラスト