水彩練習:絵の具の三原色

今日の練習は、 絵の具の色の三原色 空色、紫、黄色 のうち、一つの色を基本として選び、 他二つのうち一つの色を少しずつ混ぜながら 二色のみで 光と影、 遠近 などを描く練習でした。 あれ、色の三原色って、 青、赤、黄色、 じゃなかった? と思った方、 分かります! 実は、 青、赤、黄色は 光の三原色。 絵の具の色とは、光の三原色の青、赤、黄色から、 白色光が当たって一部吸収された後 透過されて残った光の色 なんですね。 (今日使ったフランス語での光の三原色チャート) (イメージをお借りしたサイト♫) この中央にあるシアン(空色)、マゼンタ(紫)、黄色が絵の具の三原色です。 写真の水彩の作品(途中)は、 マゼンタ(紫)を基本に選び、黄色を加えながら オレンジ色のグラデーションを作り、 その色だけで描いたものです。 使った画材は水彩なので、 水の多さでも色をコントロールすることができ、 […]

音楽座ミュージカル:7dolls:7つの人形の恋物語

今回日本で経験した事の一つに 20年以上ぶりくらいに観たミュージカルがあります。 とてもありがたいことに 今回は招待という形で観にかせていただきました。 今でも思い出すとワクワクするような、 感動の涙と笑顔いっぱいのお芝居でした! 行かせていただいたミュージカルは 音楽座さんの ポール ギャリコ著 「7Dolls:7つの人形の恋物語」 曲も、踊りも、役者さん達のダイナミックさも、 気がつくと前のめりで 演技を見ていました。 2010年の公演の動画が出ていました。 役者さんは違いますが、とにかくダイナミックな公演の様子がご覧いただけます。 このポール・ギャリコのお話、 心の中で起きている事を表現している作品だな、 という印象で、ミュージカルで表現するにはきっと とても難しいのだろう、と感じましたが、 踊りや歌、そして演技が見事でした! 一番印象的だったのは 役者さん達の美しい声とダイナミックな個性的な表現力! 人が演技をする時に開かれる何かが その場にいる人達をぐっと惹き込んでいく力を発揮しますね! 心から感動しましたので、 音楽座創立以来参加されている方で 今回招待してくださった方のご友人であられる 五十嵐進様に フランス帰宅後、お礼のお手紙を書かせていただきました。 すると後日、 […]