パリ観光:パリ近郊の村で見つけた変わった本屋

今回はちょっと楽しい本屋さんについて♫

先日ブログに書いた

ゴッホが最後に過ごしたオーベルジュ=シュール=オワーズ

には、

なんともユニークな

本屋さんがあります。

パリ旅行で一日観光が可能な村がいくつかありますが、

ここも

パリから一日で行って帰って来られるパリ近郊の村。

一見

壊れた電車か倉庫。。。

ちょっと廃れた感じが懐かしささえ感じさせてくれる外観。

一度は郵便局として使われていたのか

黄色い車体(?)には

La poste (郵便局)…?

のようだけれど、

つづりは

La POSE…

なぜ。。。?

La POSE=ポーズを取る?

もしくは

La PAUSE (La Poseと同じ音)=一休み?

それとも、

単にスペルミス?

閉まっていると

ただの倉庫のように見えます。

が、

これが本屋さんなんです♫

お昼すぎに駅に着いたら、

お昼休み中で閉店中。

夕方4時過ぎに行くとちゃんと開いていて

その

今まで入ったことのないような本屋さん

をしっかり味わうことができました♫

入り口はこんな感じ♫

強風に体温を奪われつつあった頃に

開いている本屋を見た時には心踊りました♫

中に入ると

古いフランス語の本が

そこかしこに。

長細い造りで

とにかく至る所に本の山が。

一応分野ごとに別れているようです。

上の写真は入り口から入って右手の奥へ進んだ様子。

そこだけでも随分本があるので

知らない人にとっては

古い本が乱雑に積まれている小さな本屋、

としか思わない方もいらっしゃるかも。

この部屋だけを見て出て行く人もいました。

最初私もこの部屋だけが本屋、と思っていたのですが、

レトロな人形が少し置いてあったり、

観光本が山になっている入り口付近から右手に進むと

あれ。

あれ。

あれれ?

薄暗い窓の少ない本屋かな、

と思いきや。。。

小さなドアがあって、

そこからまたまた長細い部屋が!

上の写真は、入った入り口の部屋を出て、

長細い部屋に入って振り返って映した写真。

白いドアの向こうにも

本の山があるのが見えますか?

最初に入ってきたドアは、この白いドアの向こうにあります。

この長細い部分が

外から

古い使っていない電車か、古い郵便局かのように見えた

黄色い電車の車両の部分。

この電車の中の部分が面白い!

私の大好きな

アート本が見られる棚があり、

そこにもずっといられたのですが

この後、

まだ少し長い列車は続くのです。

進まなくては!

次の車両に移ろうとすると、

左手にトイレ(昔のままのデザインで使えないみたい)が。

右手にはやはり本の山。

その先にもまだ車両が見えます。

奥へ向ってトイレを通り過ぎると

あれ?

隣にもうひとつ部屋が!

別の車両?

足元には

板。

なるほど

これで渡るのね。

とふらふらしながら(お子さん気をつけて!)

右をを見ると

左を見ると

こーんな感じ♫

た、楽しくないですか!?

本屋さんに入って、

本以外のものでこんなサプライズをもらったの

初めて♫

渡った車両は小さく窓がなくて、

椅子が置いてあったりしてなんだか居心地良い♫

風通しが良く肌寒い本屋の中で、

この車両は気持ちあったかい♫

ここには天文学や科学関係の本がありました。

この車両を後にして元の列車に戻ると

あ、こんなところにハートが♥

Coucou!

(クックー!フランス語でやっほー!)

「おしゃれなおばあちゃん」

がご挨拶(私の頭の中限定)

最後の車両には

バンドデシネ

や絵本など♫

車両のところどころに窓があり、

オーベルジュシュールオワーズ

駅が見えます♫

レトロでおしゃれで、

とっても楽しめる本屋さんでした♫

電車が来るまでの待ち時間を利用して

列車でフランス語や英語の本などを

物色してみるのはいかがでしょう?

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です