Painting the surface of water アクリルと油絵の具で海を描く

銀河と海を眺める白い女性の絵、 時間はかかるものの、少しずつ進めています。 現在、海の部分。 ようやく上の写真の状態になりました。 前回のブログで3年間放置していた状態に 白い服の女性のブログを書きました。 白い女性の部分についての前回のブログはこちら♪ 今回は 海と波の部分 について。 最初にアクリル絵の具で海の色を大雑把に付けていき、 下の写真の風な状態にします。 上の写真の海の色の状態から細かく表面の水辺の感じを出すため 下の写真の上部のように細かい点や線を延々と重ねていきます。 延々と明るいエメラルドや青い線や点を加えていくと 下の写真のような状態になります。 この段階で、 上の写真の海の上の方は点と線の一層目が終了、 下の水辺の部分はまだ点は付け足されていません。 ふう。 さらに どんどん点を足していくと、 上の写真のようになっていきます。 この段階でやっと海のほぼ全体が点と線の一層目終了。 ここから目立つ点を濃い青とエメラルド色などで ブレンドしながら点の二層目を加えていきます。 なかなか時間がかかります。 が、点の層は重ねるほど、 色々な色のなめらかな海が浮き上がってきます。 まだ時間はかかりますが、 […]

アクリルと油絵の具で白い服を描く

白。。。 この色を描くのは水彩でもアクリルでも 私にはチャレンジ。 ギャラクシーと海を眺めながら歩く 浜辺の女性を3年ほど前から描き始めたのですが 女性の部分がどうして描けなくて 放置していました。 今回は、6月のフィクションのイベントで どうしても展示したい、 と思っていたのですが、 ようやく 今まで描きたかった白の服をまとった女性が 浮かび上がってきました。 この作品は 65x93cm と少し大きめ。 放置していた状態は この状態。 女性で苦戦したのが分かります。 この後、好きではなかったので写真に残していなかったようですが スカーフの部分をアクリル絵の具でうっすら赤く塗っています。 赤、青、灰色の上に 油絵の具で白を塗りこんでいきました。 次の段階まで乾かさなければならないので、 海全体の色を最終段階の細かい線を入れていきます。 イベントまであと約3週間、 間に合うか。。。! 間に合わなければ会場で描く予定です。 イベント情報はフランス語ですが、 下のサイトからご覧いただけます。 […]

Starting my own journey in Art:自分のアートを探す旅開始

After my experience in Andrea‘s workshop (see previous blog post) , I began experimenting with techniques and materials, in the hope to discover my own “painting voice”. Going from being told […]