ペン画:桜吹雪

時差のため、ニースの朝、日本の夜、

志村けんさんの訃報を見て

ショックを受けました。

昨日描いた桜のイラスト、

昔習っていたピアノの先生の家の前に建っていた

志村けんさんのご自宅が

この色のイメージだったことを覚えています。

明るいピンク色に、

ピアノを習いに行く度に

元気をもらっていた事を覚えています。

ちょうどその、

8歳くらいの頃

クラスメイト達に

「乞食の家」

と呼ばれていた、雨漏りするお化け屋敷のような

古い家に住んでいたたのですが、

小さなテレビで流れる

志村けんさんと加藤茶さんの番組が

空気を明るくさせてくれていました。

新型コロナウィルス。。

フランスでロックダウンが始まって2週間弱。

こちらの様子がとても深刻になっている状態の中、

フランスに住む日本人の立場として、

日本の方々の行動に正直不安を感じています。

志村けんさんが亡くなられた事が

悲しみだけで終わらず、

今日本の皆さんの

身をお互いに守るための行動への意識の高まりにつながるよう、

心から祈っています。

世界中の今の状況の中、

国も政府も、国民も、

今お互いに想い合って協力し合える心を大切にし、

その心を基本に行動できるよう

変化していきますように。

志村けんさん、

暗い私の子供時代に、

笑いをありがとうございました!

心からご冥福をお祈りしています。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です