物語動画「おしゃれなおばあちゃん」1

今日は仲良くさせていただいているWeb&グラフィックデザイナーかめぴよさんの発案でスタートして実を結んだ 幼年絵本の動画を紹介させていただきます☆とっても、とっても、素敵に編集してくださり、物語だけでは、こんな素敵な雰囲気に仕上がる事はなかったでしょう☆☆☆キャラクターはこちらです☆ また、エンドロールにはアイデアなどをくださった方々にお礼を込めて、ブログ名で名前を載せていただきました☆ そしていつも読んでくださる皆さん、コメントやメッセージなどで一緒にイラストを楽しみながらアイデアをシェアしてくださり、本当にありがとうございました! 実は、今年実現したかった事の一つが絵本の動画、だったんです。時間的に無理かな、と思っていたところ、 かめぴよさんからお声がけいただいて嬉しい驚きでした☆心から感謝します! また、朗読をしてくださった晴美チャタムさんとは、準備をしている時に朗読してくださる方をどうしよう、と かめぴよさんと頭をひねらせていたところ、偶然すぎるきっかけとタイミングで16年ほど朗読をされていた チャタムさんとの出会いがありました。また、チャタムさんにとってもなんと絶妙なタイミングでの嬉しい企画だったのだそうでとても喜んでコラボレーションに参加してくださいました☆ 出会いというのは不思議なもので、意識していないのに、時に奇跡的な事が起きる時がありますね♪ そんな風に不思議な出会いで繋がった素敵な方々の力をお借りして出来上がった私にとっての初めての幼年用の絵本動画。ここで皆さんにこういう形でご紹介させていたくことに大きな幸せを感じます☆ かめぴよさんをはじめ、アイデアをシェアしてくださった皆さん、こんな素敵なコラボをさせてくださり本当にありがとうございました! また次回の作品の準備も少しずつ始めていますので、オリジナルに作り続けている「おしゃれなおばあちゃん」を 今後ともどうぞよろしくお願い致します☆ ついでに同じ動画を私のアカウントflanAでも公開しています☆また、この一枚絵を描いていたプロセスのブログはこちらのリンクからご覧いただけます☆『毎日イラスト一枚目全ブログ』 いつもイラストを一緒に楽しんでくださりありがとうございます☆これからも作品作りを続けていきたいと思っていますのでどうぞよろしくお願い致します☆ さぁ、次の冒険へ出発!!!皆さんが週末へ向けて有意義な時間をたくさん過ごせますように!

手描きのロゴ

ジャズシンガーの友人の注文を受け、作った手描きのロゴです。サイトはまだ修理中のようですが、このロゴがサイトに使われる予定です。 ロゴ、ということで、最初はコンピュータで描いたのですが、自然が好きな彼女は、手描きの感じを残したようなロゴが良い、ということでこのスタイルになりました。2メートル以上ある彼女の身長と、フランス人らしい長い手足。自分でキリンのようだ、と手足をキリンの模様を描くよう要望をいただきました。Jatoba,というのは、ブラジルにある木で、高い木の上に美味しい果物がなるそうです。彼女がハワイでブラジルのカポエイラを習っていた時、その先生から「君は背が高くて得難い果物を作る、JATOBAの木のようだね」と、Jatobaというニックネームをいただいたそうです。そして、それがなんとも自分ぽいな、と今個人で音楽活動するのに使い始めたそうです。私はその彼女のイメージを、手描きのロゴ、という形で描かせていただきました。 そのままの自分を好きでいたい、そんな彼女の想いが伝わってくるようです☆

パラオ日本料理本

昨年この時期にお手伝いさせていただいた、パラオ日本25周年記念料理本のデザイン担当の方が記事を書かれていたのでここで紹介させていただきます☆ この方のデザインのアイデアの豊富さ、そしてセンスの良さにプロのお仕事を感じさせていただき、とっても良い刺激になり、感激しました。 左側の赤い部分のイラストと、下の記事にも書かれていますが、中の国生みのイラストを担当させていただきました。 一緒にお仕事させていただき、光栄でした☆ 最近の新作はこちらの料理本で、お一人で100ページものデザインを手がけられたそうです。ただただ、尊敬☆ 全てのページのデザインが違う、という興味深い料理本です☆ 次回の作品も楽しみになりました☆ 応援しています☆

南仏の村でのアート展示2020

南仏の村での展示を終えて。 気温33度、快晴。 たくさんの方々をお迎えした1日だけのアートイベント、空に開いた美術館が無事に終わりました✨ 2年前の初めての時と比べてみると、売れた作品が多く、じっくりと見て行かれる方、作品を見て値段を聞く方もたくさんいらして、通り過ぎようとして気になって足を止める方々がたくさんいらしたことが、嬉しかったです。ちょっと気になるな、と見て行きたくなるような作品を描けたかもしれない、という実感がありました☺️ 皆さん、細かい線の作品にとても興味を持ってくださり、その細かさに日本を感じるとおっしゃっていました。 たくさんの方がギャラリーで作品を売っているかと聞いてくださり、市の文化関連の事を担当されている方が、展示会場での一週間展示のスカウトをしてくださいました。 コロナもあるし、どれだけ人が来るかな?と思っていましたが、パリからいらしている方も多く、浴衣を着ていたので日本人の方や、日本ファンの方も声をかけてくださいました。陽気なフランス人のおじさん達の冗談に乗ってみたり(理解できれば)、子供達が気に入って絵のコピーを自分で選んで買ってくれたり。パリのオペラ座のバレリーナの方から注文を頂いた時は心がバレリーナに😍 日本ぽい作品やハワイの花やフラダンサーの作品が結構人気があり、作品の背景に作者が描いた理由があると見てくださる方のフィーリングと噛み合って、あ、この作品欲しいな、と、思ってくださるようです。 人魚姫のイラストも売れました。白黒のイラストを好いてくださる方も少なくなかったのは和の雰囲気とイメージが重なるからかな? 展示されていたアーティストの方々とも繋がりができました✨ 一緒に展示した友人の作品がすごく可愛くて、私も欲しくなってしまいました😍友人と二人で浴衣を着て参加したアートイベント、とても素敵な思い出になりました✨ イベントの撮影担当の方が撮ってくださった写真✨ 次はまたこの村かな?アンティーブかな、ニースかな?  

ニースでアート生活:ペン画イラスト:天の川(修正後完成)

七夕の天の川を描いた このイラスト、 修正後の全体の画像です。 近くで見ても納得がいくように 点や線大事に描きこんでみています。 修正前の状態です。 個人的には 修正後の方が近くで見ても 遠くから見ても 全体的にコントラストのバランスも 納得できる状態に近づきました。 修正には、顔の大きさや手の大きさの修正や 影の部分や人物のダイナミックさを 加えられるよう意識して描きました。 26日の展示では修正後のペン画の状態を 近くでご覧いただけます。 南仏の村での展示情報 『ニースでアート生活:空に開いた美術館:美しい南仏の村の様子』  南仏ニース、コートダジュール天文台からの景色アクリル画  2013年にフランス3 FRANCE 3 – Programmes, vidéos et rep…ameblo.jp あと約一週間♫ 準備を楽しみます★ このイラスト修正後前半のブログどういう理由で修正しようと思ったか、などについて書いています。 このイラスト修正前のブログ どう思ってこういう作品にしたか、描いている間思っていたことなどについて書いています。  

おしゃれなおばあちゃん: Fancy Granny

おしゃれなおばあちゃんIRL おしゃれなおばあちゃんIRL おしゃれなおばあちゃんのお話 おしゃれなおばあちゃんのお話全18話(2018) おしゃれなおばあちゃんGIF ポストカード おしゃれなおばあちゃん(他)ポストカード おしゃれなおばあちゃん年数別 おしゃれなおばあちゃん年数順 おしゃれなおばあちゃん2020年画像 おしゃれなおばあちゃん2019年画像 おしゃれなおばあちゃん2018年画像 おしゃれなおばあちゃん初期のブログ おしゃれなおばあちゃん2018−3 おしゃれなおばあちゃん2018−2 おしゃれなおばあちゃん2018−1

ペン画イラスト:織姫と彦星

前回途中の状態をアップしたペン画イラスト天の川。 完成しました。 黒ペンとコンピュータで色付けしています。 前回のブログ 7月は七夕ですね♫ もう何年、七夕祭りに行ってないかなぁ。 ところで英語では 「Star Festival」(星祭り) と説明されているようですね♫ なんか素敵です♫ 若い頃は 1年に一度しか会えない織姫と彦星に 切ない気持ちを抱いたものです。 恋愛というものに疎く、 ようやくできた恋人とは 遠距離恋愛の果て破局。 どうして良いか分からないから なかなか恋愛に踏み切らないのに、 ようやく、お付き合いしてみても良いかな? と思うと、 二人の気持ちとは関係なく 離れざるを得ない状況になっていき、 なんだかことごとく引き離されている感じがしていました。 思うように行かないのが 恋愛なのだなぁ、と 若いながらに思ったものです。 さて、 作品について。 前回も書きましたが、 […]

Posted in pen

フランス、作品バーチャル展示、ニースフィクション2020

フランス時間6月5日正午(日本時間6月5日午後7時)から ニースフィクション2020 がスタートしました! 私の展示作品は こちらからご覧いただけます。 バーチャル展示へようこそ!   ★プレゼンはライブなので、生のフランス語が聞けます★ いきなり一人で乗り込んで、 めちゃくちゃなフランス語で よく展示での参加が実現したなあ、と思うのですが(笑) 南仏ニースでは大学や市が支援する結構大きなイベントです。 昨年の展示の様子について書いたブログはこちら♫ フィクション関連の書籍やBD(バンドデシネ)、 ゲーム作りや、ファンタジーなどのストーリーについての プレゼンテーション(フランス語)で行われ、 昨年は天文関連の展示も行われていました。 本来ならば市内にある大学校内で 子供への絵のワークショップも行われるのですが、 今年は新型コロナの影響で 全てオンラインで 6月5,6,7日と 開催されています。  

水彩独学:サメの色付け

今回はサメ! サメの目をがんばって優しく描くようにしたのですが。。。 怖いかな? このサメも、まずは油性ペンで下描きをしてから色を重ねていきました。 下描きの状態はこちら。 ペン画基本なので、影の部分に予め油性ペンで濃淡を付けておきます。 下描きが終わった時点で、イラスト全体に、まず薄く黄色を塗っておきました。 こうすることで、後でペンの黒さを活かすために白く残したい時に そのままでも白過ぎなくてすみます。 全体にうっすら黄色く塗った後、 このサメと亀の部分(前回のブログはこちら)には 紙が乾いてしまう前にうっすらと全体の色を塗り重ねました。 (この作業、結構スピード勝負です) この時、 サメの後ろにある電気の明るさと 身体の丸みを意識しながら 明るい部分から暗い部分に丸みがしっかり出るように色を重ねます。 最初の色付け、結構後に響くので、 しっかり集中して塗りました。 一番暗い部分はおそらくフィンの部分としっぽ、 身体の真ん中辺り かな、と想定して まず身体の真ん中辺りから クリムゾン(赤)、ウルトラマリン(青)、黄色 で作った紫がかった灰色を薄く塗り重ねます。 この時に気をつけたのは、 明るい頭の辺りの部分と暗い身体の部分の境目。 なるべくスムーズに、でもしっかりサメのざらざらした肌の質感を出したかったので 二本の筆を使って 色のついた筆で色を塗ったらすぐに別の色の付いていない湿った筆で […]

オリジナルキャラクター:おしゃれなおばあちゃんIRL

2018年から毎日一枚描いていた オリジナルキャラクター 「おしゃれなおばあちゃん」 「おしゃれなおばあちゃん」が産まれたのは祖母が亡くなる少し前。 大好きでとても尊敬していた祖母をモデルに 自由自在に世界中を飛び回る 「おしゃれなおばあちゃん」 が誕生しました。 2年間一つのキャラクターを雨の日も風の日も眠い日も(笑)描き続け、 描き始めた頃2年続けるのが目標だったので、 今年の4月に一日一枚描くのを終えました。 その2年の間でペンでイラストを描く事が大好きな自分を再確認♫ シンプルなペンのイラストを続けながら、 時々趣味で自分で撮った写真を使って出来上がった 「おしゃれなおばあちゃん」IRL(インリアルライフ)。 その自由自在に飛び回るおばあちゃんと一緒に ちょっと素敵でおしゃれな世界の風景を 楽しく一緒に覗いてみませんか? 「おしゃれなおばあちゃん」IRL(インリアルライフ)シリーズ 4分弱の動画にまとめてみました♫ イタリア、フランス、オーストラリア♫ ご覧ください♫